わーい(嬉しい顔) もうすぐ1年生、待ち遠しい入学、それまでに準備しておきたいこと! 手(チョキ)
子どもが小学校にあがるまでにしておいた方がいいことって何?
親として教え身に付けさせてあげたい事.しておかなければならない事を、
親子で取り組めるように書いていきます。

2007年09月11日

子どもの自立


子どもの自立・・・
この春、お子さんが入園された方もいらっしゃると思います。
初めてママから離れ、幼稚園に通い始めたお子さんの様子は、いかがでしたか?
今では、お母さんと離れるを淋しがっていたのが嘘のように、
すっかり園の生活にも慣れている頃でしょうか。

子ども達は2学期になり、運動会の練習も始まったようです。
食欲の秋・スポーツの秋・読書の秋・・・・・
子どもの目標・ママの目標・親子の目標、それぞれに立てておられることと思います。

来年小学1年生になるお友達は、
希望も不安も入り混じって、胸膨らませておられるでしょう。

準備しておきたいことは色々あるでしょうが、
どうか、他のこと比べて出来ていない事に焦らないで、
親子でいっしょに楽しみながら準備を整えていってくださいね。

一人で着替えができること
自分の名前がきちんと言えること
人の話が聞けること
食事のマナーが守れること
お友だちと仲よく遊べること
ひらがなが読めること
鉛筆が正しく持てること・・・・・etc


☆ ママのための勉強 ひらめき 参考HP バッド(下向き矢印)

かわいい ママチャレ・・・母さんも挑戦するよ ♪ 

ママにバイバイした時の思い出・・ 映画

長男の時は、産後3ヶ月で仕事に復帰したので、
同居していた主人の両親に預かってもらいました。

職場で母乳を絞って、母乳パック入れて冷凍して持って帰り、
次の日、家でチンして飲ませてもらう。
なんだかこれが切なくて、涙も一緒に入っていたかも?

やんちゃ盛りになって、3歳の誕生日から保育園に預けました。
大泣きの別れで、こんなにまでして働く事の意味あるのかな〜
なんて思っていました。
参観日の盆踊りを見に行っても、抱っこ抱っこで、
なかなかバイバイ!ができませんでした。

朝は大泣きでも、夕方のお迎えの時はニコニコで、
楽しかった事を話してくれていました。

ママの私に余裕がなかったから、不安を消してあげるどころか一緒に別れの涙していたけど、子どもは楽しみを見つけるから心配入らないものですね。


第2子、長女が赤ちゃんの時は、ず〜と母子べったり一緒でした。
2歳の時、臨時保育を数回経験(弟と母入院のため)して、
4歳から、幼稚園に通いました。
転勤族だったので、結局5つの保育園・幼稚園にお世話になりました。
お陰で、だんだん社交的な子になっていったように思います。

沖縄の年長さんは、小学校の敷地内にある幼稚園まで一人で通園します。
小学校に上がる準備で年長の時から、しっかり自分のことは
自分でやることが身についていたように思います。


第3子、次男になると、ママもゆ^^たり、送り迎えやママ友とのおつきあいを楽しんでいました。子どもは一目散にお友達と遊び、ママの方が一人手持ち無沙汰になり離れがたかったような気がします。


子どもがぎゃーぎゃーうるさくて、一人の時間が欲しいよ〜〜と嘆いたけど、
いざ一人になると一抹の淋しさがあったような。。。

1年生になって、「ただいま〜!」と大きな声で帰ってくるようになった時、
成長ぶりがすごくうれしかったのを覚えています。






posted by 優しいママ at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。