わーい(嬉しい顔) もうすぐ1年生、待ち遠しい入学、それまでに準備しておきたいこと! 手(チョキ)
子どもが小学校にあがるまでにしておいた方がいいことって何?
親として教え身に付けさせてあげたい事.しておかなければならない事を、
親子で取り組めるように書いていきます。

2011年06月27日

いい親子関係をつくるには

中学校区の青少年育成会で、学力支援コーディネーターの軒野先生
の講演を聞きました。

「いい親子関係をつくるためには」という演題で、
子育て術を教えていただきました。

コモンセンス・ペアレンティングで
子育てのスキルを身につけようというものです。

自分自身をコントロールする教育法で、
親も子も、落ち着きを取り戻し、
わかりやすいコミュニケーションをしていくことの大切さを
事例をあげてお話くださりました。

子ども同士のけんかの仲裁も、親が入って巻き込まれたり、
なぜ、いけないのか伝えきれずに
感情的になってしまったりすることがないように、

まず、落ち着いてゆっくり考えさせる環境を与えること。

そして、どうしたらいいのかモデルを示して練習させること。

出来たことを褒めて、認めてあげること。


褒められたり、励まされたりすると、子どもは自信がつき、
他人にも大事に接することができるようになります。

学力を上げるためには、日ごろの生活力をあげること、
友だちとの人間関係、先生との人間関係がうまくいくよう
自己表現が出来る子に育ててあげることが大切だそうです。


子どもが言うことを聞かないという前に、
大人の接し方を今一度考えて、
工夫することが大事だな〜と感じました。

子どもの心に寄り添ってあげたいですね。
そして、適切なしつけができるように、
親も落ち着いて!

子どもたちに大切な思いが伝わりますように。

fumira_mamakids1_s.gif




posted by 優しいママ at 16:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
親の冷静な態度
広い器作る努力がいりますね
Posted by 佐藤美賀子 at 2017年01月04日 09:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/212104642

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。