わーい(嬉しい顔) もうすぐ1年生、待ち遠しい入学、それまでに準備しておきたいこと! 手(チョキ)
子どもが小学校にあがるまでにしておいた方がいいことって何?
親として教え身に付けさせてあげたい事.しておかなければならない事を、
親子で取り組めるように書いていきます。

2008年07月20日

わけっこてんし



ぴかぴか(新しい) ”わけっこてんし” ぴかぴか(新しい)

むかしむかし  あのしろい  くものうえには
たくさんの  てんしがいました

そのなかに  わけっこてんし  という
ちいさな  てんしがありました

そのてんしは  なまえのとおり
なんでもかんでも  だれかと  わけっこするのです

あるとき  わけっこてんしは   かみさまのおつかいで
りょうていっぱい   にもつを  もっていました

そこで   おなじように  いっぱいの  にもつを
はこんでいる  てんしに  であいました

すると  わけっこてんしは   いいました

『 ぼくのと  わけっこしよう  』

そして  つづけて  いいました

『 おもさは  かわらないけどさ

ほら  だいすきな  きみの

にもつも  もっているんだと

おもうと  かるくなるよ

じぶんの  にもつだけ

はこんでいるのなら  いやになって

ぽい したく  なっちゃうもの  』

そうして  ふたりは  おたがいのにもつを
わけっこして  はおんでいくことができました
あるとき  とてもつめたい  くもがやってきて
そらいっぱい  ゆきをふらせました

そんなとき  さむさにこごえて  ふるえている
てんしに  であいました

はじめて  ゆうひであんだ  てぶくろをはめていた
わけっこてんしは  いいました

『 ぼくのを  わけっこしようよ  』

そうして  ふたりは  かたほうずつ
てぶくろを  はめました

てぶくろを  はめていないては

ぎゅっと  つないだので

ふたりのては  とても  あたたかくなり

さむさも  とんでいってしまいました


あるとき  わけっこてんしは

とても  うれしいことにがありました

そこへ  おなじようなに  うれしそうにしている

てんしが  やってきました

わけっこてんしは  いいました

『 ぼくのと  わけっこしよう  』

そうしてふたりは  おたがいのうれしいことを

わけっこして  よろこびあいました

うつくしい  よろこびのうたは

そらいっぱいに  ひろがっていきました


あるとき  わけっこてんしは  なみだを  ぽろぽろ

ながしている  にんげんを  みかけました

わけっこてんしは  くものしたにおりたら  はねをなくす  という  

かみさまとのやくそくをやぶって  

にんげんのせかいへ   やってきてしまいました

わけっこてんしは  かなしみも  なみだも

もっていませんでしたが   こういいました

『 ぼくと   わけっこしよう  』 

そして  わけっこてんしは  そのにんげんといっしょに

なみだを  ぽろぽろ  ながしました


あるとき  わけっこてんしは

とても  おなかを  すかせていました

にんげんのせかいに  おりたため

なにか  たべなくてはいけなくなってしまったのです

かわいそうにおもった  かみさまは

ひとかけらの  わたがしぐもを  ふらせました

わけっこてんしが  ちょうど  それを  たべようとしたとき

おなかをすかせて たおれている  こどもを  みつけました

わたがしぐもは  ほんのちょっとしか  ありません

しかし  わけっこてんしは  いいました

『 ぼくのを  わけっこしよう  』

おなかをすかせた  こどもは

たいへん  よろこびました

わたがしぐもは  わずかでしたので

おなかいっぱいには  なりませんでしたが

ふたりは  じゅうぶん  まんぞくしました

そして  また  あるとき・・・・・・・

わけっこてんしは  やまいで  くるしそうにしている

カンガルーに  であいました

そのカンガルーは

ちいさなあかんぼうを  おなかにかかえ


「 わたしが  いなくなったら  

  このこは  いきていけない  

  どうしたら  よいのでしょう・・・・・・・」

と  なみだをながして  いいました

『 ・・・・ぼくのを   わけっこしよう・・・・ 』

いのちを  わけてはいけないという  というきまりは

しっかり  おぼえていましたが 

わけっこてんしは  そのカンガルーに  

こどもがおおきくなるまでの  あいだの

いのちを  わけっこしました

こうして  わけっこてんしは

えいえんのいのちを  なくしました


いままで  わけっこてんしと  なにかを

わけっこしたものたちは  おなじように

わけっこしあうように  なりました


こうして くものうえも  したも

まえより  ずっと  いいせかいになりましたが

てんしたちが  くるしんだり  こまったりしている

にんげんや  どうぶつたちのために

つぎつぎと  ちじょうへ  おりてしまったので

くものうえから  てんしたちは  いなくなってしまいました


かみさまは  たいそう  かなしみ

おおつぶの  なみだを  こぼしました


しかし  きがついたら  どうでしょう・・・・・・


かみさまのかなしみを  わけっこして

くものしたは  わけっこてんしたちの なみだで

うみが  できてしまっていました

  
わけっこてんしたちの  こころによって


かみさまのかなしみは  いやされ


よろこびで  みたされました


そこで  かみさまは  ごほうびに

あたらしい  きまりを  つくりました


 かなしみや いたみを わけあったら

   つよい  きずなが  うまれ 

   こころから  よろこびを  わけあったら

    わたしが  

    いのちの ひかりを わけあたえよう 


この  あたらしい  きまりを  


わけっこてんしたちは  おたがいに  よろこびあい


なみだのうみは  ひかりのうみに  かわっていきました


こうして  つよい  きずなで  むすばれた


かみさまと  くものしたの  わけっこてんしたちは


いつまでも  わけっこをつづけ


いまでも  せかいじゅうに  わけっこてんしたちが


ふえつづけているのであります


   ” お し ま い ” 
posted by 優しいママ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。